規則的な生活が健康維持の秘訣

職に就いていないと健康の維持が難しい

職に就いていない状態を長い間続けていると精神的なダメージが蓄積され続けます。
職に就いていないことで親から常にプレッシャーをかけられ、周りの友人は意気揚々と仕事に励んでいる姿を見ると自身のこの無職という境遇に愕然としてストレスが溜まります。
そうなると体調を崩しやすくなり健康の維持が難しくなります。
けれど、実家暮らしで無職なら住む家も食費も無料ですので、明日はちゃんと生活出来るかという不安に付きまとわれることはないです。
逆に一人暮らしの無職は実家暮らしの比ではないほど厳しく、精神衛生上に良くないです。
まず一人暮らしならその日の食事は自分で用意し、家の家賃や水道代、電話代等と全てを自分一人で賄わなければならず、親を便りに出来ないのです。
その分を賄うお金を持っていなければ明日無事に生活出来ているのか常に不安との戦いが待ち構えています。

無職でも親が甘い人は精神がボロボロになって、健康の維持が駄目になることは少ないです。
いわゆるニートといって働ける力があるのに働きたがらない人は親の脛をかじりながら健康的に暮らしています。
逆に親が甘い人でも無職であることに罪悪感を持ち、親に対して申し訳ない気持ちでいっぱいの人は精神が病みがちです。
無職であることに精神が病み健康の維持が出来ないのなら、解決方法は職に就いて働くしかないです。

しかし働きたい気持ちが強くても働ける仕事が少ないからこそ精神的に辛いのです。
不況の影響で正社員への採用はごくわずかです。
そのために社会に失望をして行動する力を失ってしまいます。
なのでまずはアルバイトから始めてある程度暮らせるお金を稼いで、精神的余裕を生み出すことに専念するべきです。
余裕がなければ正社員として働く機会は与えられないので、まずはアルバイトで働いて無職からフリーターに地位を格上げさせて自分は働いているんだという無職という現実から逃れることで精神的余裕を持たせることです。
そうすれば体調を崩すことは少なくなり、健康の維持も何とか保てます。

Copyright (C)2014規則的な生活が健康維持の秘訣.All rights reserved.